5kgのでかヨーキーコハナは虹の橋で絵描きを始めました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
台風11号が台湾に上陸しそうになっていたので、飛行機が飛ぶかどうか

心配でしたが一昨日台湾から夫が帰国しました。

そして昨日はコハナの血液検査の日。

今回も大人しくスリングに入ってくれて、無事に検査が終了しました。


110901_00.jpg



前回の血液検査と同じACTH検査です。

今回は隣のカフェで時間を潰す事はしないで、1度家に戻って散歩をしたり

おやつにキュウリをあげたりして気を紛らわせるようにしてみました。

何度も車に乗るけど家に帰って散歩に行けるのと、

嫌いな所で1時間待っているのと、

どっちがコハナにとってストレスがたまらないのかな~。

この検査は生涯続くので、なるべくストレスを軽減してあげられる方法を

探していこうと思います。

検査結果は来週頭には出るとの事です。いい結果になるといいな~。




*******コハナメモ*******

病気に伴い、コハナの様子を記録していこうと思います。
      
現在服用している薬は「トリロスタン」。
犬のクッシング症候群の治療薬として近年使用されている薬。
以前は「ミトタン」が主な治療薬として使用されていたが、
ミトタンは副腎自体を破壊してステロイドホルモンの分泌を押さえる薬なので、
調整が非常に難しく副作用も大きい。(破壊された副腎は元には戻らない)
それに比べるとトリロスタンはそれ自体にステロイドホルモンを抑制する効果が
あるので副作用が少ないとされている。
(ステロイドホルモンが少なくなり過ぎると「アジソン」という病気に
なってしまうので、薬の量を調整する為に定期的な血液検査が必要)
ちなみに商品名は持田製薬の「デソパン」。人間用を使用。生涯投与が必要。

追記
トリロスタンは犬に経口で与えると4~5時間程で効果が出る。
コハナの場合、人間用の1錠を13分割して1日1回投与しているので、
薬の量は極々微量。量増しの為にビオフェルミンを混ぜて与えている。




小華の様子831



ちなみに昨日のコハナは久々に夫に会えた興奮からか、

何度も散歩に行く事を要求。結局4回も散歩に行っていました。

元気すぎて逆に心配。。。




1日1回ポチッとして頂けると大変やる気がアップします☆
     ↓ 



いつもありがとうございます。


スポンサーサイト
[ 2011-09-01 (Thu) 13:30 ]   Comment(14) / TrackBack(0)
   Category:クッシング症候群
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。